目やにがでるメカニズムのお話

ひどい場合には、目も開けられないくらいへばりついている事もある「目やに」ですが、目の状態がわかるバロメーターでもあります。
目の細胞は、皮膚などと同様に、リフレッシュさせていて、一定期間毎に古い細胞を目の外へと排出していてこれを目やにと呼んでいます。
目に付着しているゴミや細菌などといったものも、同時に排出されています。
なので、病気を患っていたり、カビやほこり、花粉などによるアレルギーの際には、結膜炎を併発して沢山の目やにが、まぶたに付着してしまうのです。
また、目と鼻を繋ぐ涙道が、ふさがったり狭くなったりした場合も涙があふれ、目やにを増やす原因になります。
小さな幼児が目やにをつけていたら、こまめに取り除いてあげましょう。そのままにしておくと、ウィルスや細菌が増殖して症状を悪化させてしまいます。
瞼に目やにがこびりついているようなら、ぬるま湯を使って行うと目を傷つけることなく取り除くことができますよ。
黄色、または粘り気を含んだ白い目やにが気になる場合は、一度、眼科に相談されたほうがよいでしょう。

美味しいカレーで幸せ度アップ!カレーを食べることのメリット。

カレーって子供から大人まで大好きなメニューですよね。
私もカレーは大好きですが、女の子の中にはダイエットのために
食べるのを控えている、という人もいるのではないでしょうか。
しかしカレーには人が幸せになれる「セロトニン」という成分が入っているんだそうです!
このセロトニンとは人間の精神に影響を与える神経伝達物質の一つで
精神を安定させ心のバランスを保つことができるのですが
それだけでなく、私たち人間にたくさんの良い効果をもたらしてくれます。
例えば夜、ぐっすりと眠ることができ、さらに朝はすっきりと
目覚めることができるような質の良い睡眠をもたらせてくれる効果や
見た目を若々しく保つ効果もあります。
このセロトニンの95パーセントは腸から脳に出ているとされており
その腸から脳にセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品がカレーなんだとか。
カレーにはスパイスを多く含み、さらにタンパク質、脂質、炭水化物のバランスが
セロトニンを分泌するのにとっても良い環境なんだそうです。
ダイエットのご褒美にケーキやお菓子、ではなく
幸せ成分がたくさん入ったカレーを食べて、普段のストレスを吹き飛ばしましょう!

美肌のカギは夜にあった。美肌のための夜の習慣をつけよう。

美肌をつくるには夜の習慣が密接につながっていることをご存じですか?
夜寝ている間に新しい肌をつくるためにターンオーバーがおこなわれています。
そのため夜の睡眠はお肌にとって大事なもの。
お肌のために大切な睡眠を質の良いものにするために、どんな習慣を身に付ければいいのか紹介していきます。
まず、生活に欠かせないものといっていいほどのスマホやパソコン。
寝る前についつい触ってしまうという方も多いはず。
しかしスマホやパソコンの画面が発するブルーライトは睡眠を妨げてしまいます。
さらにブルーライトは肌の老化にもかかわっているのだとか。
スマホやパソコン触りすぎは危険なのでほどほどにしましょう。
そして入浴にの時間や食事の時間も重要です。
就寝直前の入浴は安眠の妨げになることもあるので余裕をもって入浴するように心がけましょう。
食事は就寝の3時間前に済ませておくことが理想です。
寝る直前に食事すると食べ物を消化することに体がエネルギーを使ってしまい
睡眠の効率がさがってしまいます。
また寝る前に軽くストレッチやマッサージを行うことでリラックス効果が得られ
すんなりと眠りにつくことができます。
美しい肌のために大切な夜の習慣。
正しい習慣を身に付けて良い睡眠と美肌を手に入れましょう。

組み合わせ次第で変わる!キャミ活用コーデ

二の腕が気になる人にとっては、袖のないキャミソールは敬遠したいアイテムだったりしますが、今年は、キャミソールだけで着るのではなく、1枚プラスして着る重ね着スタイルが流行のきざし。
いつもは躊躇していた方も、今年の夏は、キャミソールを使ったコーデにもチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。
◆ブラウスにプラスして
こじんまりした雰囲気のブラウスにキャミソールをプラスすることで、上品な装いに。
◆レース素材アイテムで
Tシャツなどのカットソーにレース素材のキャミソールをプラスすることで、カジュアルになりすぎず落ち着いた装いになります。
◆アクセント付きキャミソールで
Tシャツの上にリボンやタックが入っていたりオシャレなデザインのキャミソールを組み合わせることで、背中やお腹といった、気になる体のラインから視線をそらしてくれます。
工夫次第で色々な表情を見せる事ができるので、この夏のコーデのローテーションに1枚いかがでしょうか?

手軽にできる脚のむくみ改善マッサージ

朝、出勤前にはすんなり履けたはずの靴が、夕方帰宅時にはキツキツになっている、誰しもこんな経験をしたことがあると思います。
これは、日中、立ちっぱなしの仕事や、同じ姿勢で長時間仕事することなどで足先に水分がたまって排出されなくなっておこる脚のむくみが原因です。
また、むくみは、血流を悪くし、冷えなどの原因にもなります。
簡単にできるマッサージでしっかりむくみケアを行いましょう。
両手の親指で、土踏まずを中心に足の裏全体を強く押し込むようにマッサージします。足のつま先、指の間、甲側の窪んだ場所もむくみ改善に効果が期待できる所です。
次に、足首から膝まで、ゆっくりとふくらはぎの後ろ側を押しつつマッサージします。
ここがほぐれることで、かなり足のむくみを楽にすることができると思います。
少しねじるようにマッサージしてほぐすのもひとつの方法です。
入浴タイム後のマッサージが一番効果を期待できます。一日頑張った自分の足をゆったり、いたわってあげたいですね。

頑張っているつもりなのに成功しないダイエット、そこにはあなたの習慣が関係してるかも

食べたいモノを我慢して、運動も取り入れているのになかなか痩せない…。
そんな人って少なくないはず。
ではその原因はなんなのか。もしかしたらあなたの何気なく行っている習慣に
太りやすい要素が含まれているかもしれません。
今から紹介するような習慣を行っていると、ダイエットが成功しないかもしれませんのでご注意を。
まずダイエットでありがちなのが3食しっかり食べないこと。
食べる量を減らすこともダイエットでは大切ですが、朝、昼、晩はしっかりと
食べたほうがいいでしょう。
食事の間隔が空きすぎると空腹時間が長くなり、次の食事でドカ食いしてしまったり
変な時間に間食してしまったりなど、ダイエットの失敗やリバウンドにつながります。
そこで3食しっかり食べる、ということは正しいダイエットとして大切ですが
食事のバランスを考えたものを腹八分目を目安に食べるようにしましょう。
また、前日に外食などをした場合は次の日の朝は軽くする、などの抑制も必要なので
気を付けましょう。
また用もないのにコンビニに寄ってしまう習慣はありませんか?
手軽に立ち寄れるコンビニでのちょこちょこ買いはとっても危険。
コンビニに入る際は買うものをちゃんと考えてから入りましょう。
お昼ご飯のついでにお菓子も、なんてことをしてしまうとダイエットにもお財布にも
いいことはありません。
お昼ご飯は家から持参するようにするなどなるべくコンビニに立ち寄らない工夫をしましょう。
また正しい姿勢も気に掛けるようにしましょう。
しっかり背筋をのばして正しい姿勢を意識すれば一日の消費カロリーもアップ。
それだけでダイエット成功のカギとなります。
毎日の習慣を見直して、自分の習慣が太る原因になっていないか考えましょう。
その習慣をかえればダイエットはもっとうまくいくはずです!

夏は肌がべたべた…、でも肌の内側は実は乾燥しているかも

夏は汗もかくし湿気で肌がべたつきますよね。
そのためついついさっぱり系のケアをしてしまいがちですが、肌の内側は実は乾燥している
なんてこともあるんです。
それがインナードライというもので、肌の表面はべたべたするのに内側は乾燥している状態のことです。
肌の内側が乾燥しているためにより肌表面がべたついてしまうのです。
さらにインナードライを放っておくとシミやしわ、くすみなど肌はどんどん悪い状態になってしまいます。
そのインナードライ肌を防ぐためのケア方法をお教えします。
まず乾燥した肌には潤いが必要です。肌への化粧水などの浸透をよくするために
角質を取るケアをしましょう。週1~2回のピーリングを取り入れることをおすすめします。
またピーリング後は肌がデリケートな状態になっているので保湿をしっかり行います。
またピーリングのやりすぎも肌の負担となるのでやりすぎには注意です。
次に化粧水をしっかり浸透させるために化粧水は体温と同じくらいの温かさにするとよいです。
化粧水を電子レンジで温めたり、手で温めてしっかり浸透させましょう。
そして夏でも化粧水後はクリームをつけること。
化粧水だけでは蒸発してしまい、余計に肌が乾燥してしまいます。
クリームでふたをしてしっかり保湿することがインナードライを防ぐコツです。
また週に一回でもローションパックを取り入れるとさらにもっちりとした肌に近づけます。
夏は紫外線や冷房で肌が乾燥しやすい時期。
夏も保湿を心がけて内側から潤った肌を目指しましょう。

ずーっと付き合っていかなければならないから。生理中の症状を少しでも軽くしたいあなたへ。

毎月やってくる生理。それは女の子にとって必要なものですが
ひどい腹痛や腰痛を引き起こしたり、イライラしたり気分が落ち込んだり
食欲が一気に増えて食べ過ぎてしまったり、人によって症状は異なりますが
生理中の辛い症状に悩まされている人は多いずです。
そんな生理中の症状が少しでも緩和されるように生理中の症状別に解決方法を紹介します。
まず生理中の悩みで一番多いと思われる腹痛や腰痛。
この痛みの原因は冷えや骨盤のゆがみ、ホルモンバランスの乱れが関係しています。
なのでその原因をなくすことが出来れば生理痛も和らげることができます。
冷えに効果的なのはカイロで腰を温めたり、ゆっくりお風呂に入ることです。
しかし生理中はお風呂につかることが難しいこともあるので、洗面器にお湯を張り
足だけでも温めると効果的です。
そのほかにも生理中に足や顔が浮腫んでしまう、という悩みをお持ちの方もいますよね。
生理中は水分や栄養の排出が少なくなるのでとっても浮腫みやすい状態なんです。
その浮腫みを改善してくれるのがナッツやバナナなど、カリウムを多く含んだ食材です。
カリウムには浮腫みを和らげてくれる効果があるので生理中は積極的に摂取すると良いですよ。
また生理中、イライラしてしまったり情緒不安定になってしまうのも
とてもつらいことですよね。
気分を落ち着かせるためにハーブティを飲んだりアロマの香りなどをかぐこともおすすめ。
また感動物の映画などを見ておもいっきり泣くこともストレス発散方法としておすすめします、。
生理中の悩みはここには書ききれないほどたくさんあると思います。
生理中の悩みで気になることがあればまずはその原因を探ってみましょう。
この先長い間付き合わなければいけない生理ですが、
少しでも症状を緩和してうまく付き合っていきましょう。

しっかりハンドケアで触れたくなる手を手に入れよう

顔は毎日日焼け止めを塗って洗顔に化粧水にクリーム…などケアをしている人は多いと思いますが
ハンドケアもしっかり行っていますか?
年齢が出やすいといわれている手のケアもとっても大事。
いつまでも若々しい手を手に入れるためのケアを行いましょう。
まず手のくすみや乾燥を引き起こす原因の角質をケアしましょう。
スクラブやピーリング剤で角質を取り除けばすべすべでワントーン明るい肌になります。
そして夏でも冬でもハンドクリームを塗る習慣をつけましょう。
トイレに行って手を洗ったあとなどこまめにハンドクリームを塗ることで乾燥知らずの
しっとりとした手をキープできます。
さらに女子力アップのためにもネイルをすればより女性らしくきれいな手に。
きれいな爪を見ると自分自身のモチベーションもアップするはず。
手は何をするにも人の目線に入りやすいものです。
いつみられても恥ずかしくない美しい手でさらに魅力的な女性になりましょう。

さっぱり酸味が夏に嬉しい、黒酢ダイエット!

皆さんは黒酢が飲む美容液、と呼ばれるほど美容に嬉しい効果がたくさんあることを知っていますか?
黒酢には肌を外的刺激から守り、うるおいを保つ効果や
なんとコラーゲンの生成にも大きく関わるアミノ酸がたくさん含まれているんです。
そんな美容に嬉しい効果がたくさんの黒酢がダイエットにも効果的なので
黒酢でのダイエット方法を紹介します!
まず先ほど説明したように、黒酢にはアミノ酸がたくさん含まれています。
さらにクエン酸と酢酸もたくさん含まれているのですが、
なかでもアミノ酸とクエン酸には体内のエネルギーを効率よく燃焼させてくれる働きがあります。
その働きのおかげで基礎代謝が上がり、脂肪が燃えやすい体をつくることができるんです。
黒酢を飲むだけで基礎代謝が上がるなんてとっても嬉しい効果ですよね。
さらに黒酢には便秘解消効果もあるので、便秘に困っている人にもおすすめです。
ダイエットがうまくいかない人の中には便秘が原因、という場合も多いので
便秘が解消されれば一気に体重を落とせる可能性もあります。
さらには疲労回復効果も抜群の黒酢。
ダイエットのためにたくさん運動をした後は、黒酢を飲んでリフレッシュしましょう。
そんなダイエット効果抜群の黒酢ですが、飲む際の注意点もあるので気を付けましょう。
まずは空腹時に飲まないこと。空腹時に飲むと酸で胃が荒れる可能性が。
おすすめの飲み方としては朝晩の食後に飲むことをおすすめします。
また市販の黒酢には砂糖が含まれているものが多いので、美容やダイエットにいいからといって
飲みすぎると逆に太ってしまう可能性もあるので飲みすぎないようにしましょう。
飲みすぎには注意ですが、正しく取り入れればいいこといっぱいの黒酢。
食後に飲めばデザート代わりにもなるのでおすすめ!
これからの食生活に黒酢を取り入れてみてはいかがですか?